FC2ブログ

【恐ろしい話】プリクラ - 恐ろしい話

【恐ろしい話】プリクラ


「これ、昨日撮ったんだけど、どう思う?」

「えっ?」


いつもの昼休み、私は普段あまり親しくしてないS子にプリクラを見せられた。


「これ…えー?一人で撮ったの?」



プリクラには、くそマジメな顔をして正装して証明写真よろしく写ってる、S子。


「だって、証明写真よりもこっちの方が綺麗に撮れるし、安いじゃない」

「そうだけどさぁ」


私はS子のこういうところが何となく嫌いだった。


ケチで粘着質で短気で、クラスの皆からも嫌われていた。


「これで面接受けに行くの?」

「そうだよ、あ、でもそれ沢山あるからHさんにもあげるね。

今プリクラ持ってる?交換してくれない?」


「別に、いいけど」


結局、そのプリクラが面接に使われることは無かった。


S子はその2日後、学校帰りに突っ込んできた車に撥ねられて、死んだ。


数日経って、私はプリクラを何処かに無くしたことに気が付いた。


皆で楽しく撮るはずの写真で、一人緊張したような顔で遺影みたいに写るS子。


最初は探したけど、「遺影」とか考えると急に気持ち悪くなって、探すのをやめた。


どうやらS子は私だけに写真をくれたらしい。


それが気まずかったけどそのままにして私は布団に潜り込んだ。

(掃除でもしてりゃそのうち出てくるでしょ)


せ っ か く  あ げ た の に   な ぁ に ―


ねっとりした目線を感じて、私はそっと目を開けた。


暗くて見えづらいけど、押入れの側に誰か、いる。

(S…子…!)


S子が、押入れの3センチぐらいの僅かな隙間から、

白目をむいてこちらを睨んでいた。


長い髪とうすぺらい体で、ぺらぺらの紙みたいな腕を


 ふらぁ 

 

と揺らして、こっちに伸ばしてくる。


は  ら  な  い   の  ぉ  ―


「ゴメンね、ちゃんと探すから、もう、消えてっ!!」


私は絶叫して、頭から布団を被って丸くなった。


耳元で、響くような声が、聞こえる。


はらなぃ のぉ ―

H 子 ぉ ―


気が付くと、朝になっていた。


ベッドから起き上がって押入れの側に行くと、

その下にS子のプリクラが落ちていた。


前に見たときよりも表情が硬く、顔色も蒼白になっていた。


手帳に貼ろうとしたけど、やっぱり気持ち悪くて迷ってたら、

友達のA美が遊びに来た。


「どうしよう、やっぱりこれ貼らなきゃ駄目?」


A美はS子が大嫌いだった。


「何言ってんの?こんなキモすぎなプリなんて貼ることないよ、貸して」


A美は持っていたライターで、その写真を燃やして灰皿に捨ててしまった。


「やりすぎなんじゃない?」

「大丈夫だよ、まったく最後までネトネトした奴だよねー」


A美が帰った後、私は写真の灰を触らないようにしながら、

窓を開けて外に灰を飛ばした。


その夜。


今日は寝ないでいようと決めて、

私は明後日のテスト勉強の準備をしていた。


もう写真はないのだけど、ほとぼりが冷めるまでは眠れない。

(このまま、寝ないでいれば)


MDをガンガンにヘッドフォンでかけながら、問題を解いていると…


ブツツッ


『ォォォォォぁあアアアつぅういいイイイイ―――』

『H 子 ぉ――』


「いやぁああああ!!!」

S子の声と共に振り向いた先には―――


あたしの背もたれに、ぺらぺらになった黒こげのA美が、べったりとくっついていた。

関連記事

タグキーワード
2016.06.24|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます