FC2ブログ

【恐ろしい話】父の願い 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】父の願い 短編


20年前、山を切り開いた地にできた


新興住宅地に引っ越した。


その住宅地に引っ越して来たのは私の家が一番最初で、



周りにはまだ家は一軒もなく、


夜は道路の街灯だけで真っ暗だった。


家は住宅地の端で、隣には整地されていない、


草むら。そして、草むらは山に続いていた。


その家に越してきてから、暫く、家族皆が調子を崩した。


父は原因不明のできものが背中に出来、


母はだるさで病院通いを続け、


兄はやたらと車の事故を起こした。


私は不注意でやたらと切り傷や


あざを身体中につくった。


が、そのような不調もいつかなくなり、


家族そろって新しい家にも慣れた。

家が建って一年経った。


新興住宅地も随分家がたって賑やかになった頃、


父が話してくれた。


家族が調子を崩していた頃、父は夢を見たそうだ。


大きな蛇の夢で、


草むらからじっと父を睨んでいたらしい。


そして、次の日


、父は家の傍の草むらでその蛇を本当に見た。


蛇は胴の径が10センチもあろうかという大きさで


体調は2メートル程もある大きさだった。


父は、なぜか申し訳ない思いになり、


蛇に話し掛けたそうだ。


「この地に昔からいたのだろう。勝手に来て申し訳ない。


でも、いまさらここを離れるわけにはいかない。


この地を大切にするからゆずってくれないか。


それと、俺の前にはどれだけ姿を現してくれてもいいが、


家族は正直言ってその姿をみると怖がる。


頼むから、俺の前だけに姿を現してくれ」


蛇は暫く父を睨んでいたが、ゆっくりと山に向かっていったそうだ。


父はその日、寺に行き、酒を納めてきたらしい。


家の不調が改善されたのは、その日からだと父は言っていた。


そして、父はその後、蛇を見ることはなかったそうだ。

関連記事

タグキーワード
2016.07.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます