FC2ブログ

【恐ろしい話】危険なこっくりさん 長編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】危険なこっくりさん 長編


ある小学校で4人の子供が死んだ。


血まみれの文房具が散乱する教室には遺体の他に


ろうそく、灰になった紙、十円玉、テープレコーダー等があった。



警察では捜査の為、テープを検証することになった。


これはそのテープの内容である。


「あ、あ~・・・・・・まわってる?」


「多分大丈夫」


「なんか、ホントに知らない人の声入ってたらどうする」


「やめてよ、気持ち悪い」


「静かにしろよ、見つかっちゃうだろ」


「そうだね」


「じゃ、はじめよう!」


「○ッちゃん、ろうそく」


「ちょっとまって・・・・・・はい」


「火事にならないかな?」


「大丈夫だって、カーテン閉めてるし、先生も帰ったから見つかんないよ」


「いい? はじめるよ」


「うん」


「いいよ」


「×太、力入れんなよ」


「入れてないよ、ほら」


「全員ちゃんと(指)置いて」


「いい?  こっくりさん、こっくりさん、お越しくださいませ、


 こっくりさん、こっくりさん、お越しくださいませ」


(中略)・・・・以下しばらく、雑談と呼び出しが続く


全然動かないよ」


「おかしいな、こっくりさん、こっくりさん、おいでになりましたら


お返事お願いします」


「あ!!」


「動いた!!」


「『はい』!!」「いやー」「動いてる動いてる」


「おれ、力入れてないよ」「来た、こっくりさん」


(中略)・・・・以下しばらく、騒ぐ声と質問が続く


「もお、いい?」「うん」「そろそろ帰ろう」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「・・・・・ッ!」「『いいえ』」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「・・・・・また『いいえ』だ」


「ちょっと、まずいよ、帰ってくれないよ」


「○木ちゃんどうしよう」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「また!! やだ、やめてよ!!」


「×西!! おまえだろ、やめろよ」


「私じゃないよ!!」


「絶対、(指を)離しちゃ駄目だよ」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「・・・・・・」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「・・・・・・」


「こっくりさん、こっくりさ・・・」「もう、やめろよ!!」


「(指を)離しちゃ駄目!!」


「こっくりさん、こっくりさん、どうすれば、お帰りくださいますか?」



「『あ』『ぶ』『ら』『あ』『げ』」


「そんなの用意してないよぉ!!」


「どうしよう・・・・・・」


「こっくりさん、こっくりさん、油揚げはありません。」


「動かない・・・」


「こっくりさん、こっくりさん、油揚げはありません。


 どうすれば、お帰りくださいますか?」


「『お』『み』『き』・・・・なにそれ?」


「わかんない。どうしよう」


「こっくりさん、こっくりさん、オミキはありません。


 どうすれば、お帰りくださいますか?」


「『こ』『ろ』『す』・・・・・・うそ・・・」


「もう止めろよ!! ×西!! おまえだろ、やめろよ」


「私じゃない!!」


「もう、やだ」(泣き声)


「×村! 静かにして!!」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください。


 もう、おかえりください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「・・・・・・『ひ』『と』『り』」


「こっくりさん、こっくりさん、『一人』なんですか?」


「・・『ひ』・・『と』・・『り』・・・・『だ』『け』・・『つ』・・『れ』


『て』・・・・『い』『く』」


「やだ、やだ、やだ!!」


「(泣き声)」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「まだ、動いてる!!」


「『ほ』・・『か』『は』・・・・・・」


「・・・・・・」


「『こ』『ろ』『す』」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


「こっくりさん、こっくりさん、お帰りください」


「『いいえ』」


「もう、いや!!」


「(指を)離しちゃ駄目!!」


「もう、知らない!! 私帰る!!」


「離しちゃった・・・・・・」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


「・・・・・・動かないよ・・」


「どうしよう、ねえ! どうしよう!!」


「私、知らないよ! 私、しらない!!」


「やだ、(戸が)開かない!!」


「鍵かけられちゃったんだ!!!」


「どうしよう! ねえ、どうしよう!!」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


「いつまでやってんだよ!」


「だって、帰ってもらわなきゃ!!」


「窓は!?」


「こっくりさん、こっくりさん、許してください」


 シャッ(カーテンレールの音)


「いやあぁぁぁぁ!!!」「キャァー!!」


「こっくりさん、こっくり・・」


テープはここで切れていた。


もう片面にはなにも録音されていない。


遺体の状況から、各自の手にした血にまみれたカッター、


定規、縦笛、箒、などから、互いに殺し合たようにも見えた。


学校では、各教室に鍵が取り付けられていたが、数年前から、


実際に鍵をかけるのは、使われていない教室だけになっていた。


事件当夜も、現場となった教室の鍵は開けられたままだった。


ろうそくは途中で消えており、もし、ろうそくの明かりが


点いていれば、用務員が見回りをする際に気が付いたはずである。


また、窓には全て鍵がかけられていたが、窓の外側には、


一つだけ、子供のものと思われる、血の手形が残されている。


不思議なことに、教室からは四人の遺体が発見されたが、


遺体のどの指紋もその手形とは一致していない。


声紋鑑定の結果、テープには五人の声が録音されていた。


教員、生徒に確認をした所、テープ中の「○ッちゃん」


と呼ばれる女子生徒を知るものは、誰も居なかった。


この事件の真相は、未だ解明されていない。

関連記事

タグキーワード
2016.07.21|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます