FC2ブログ

【恐ろしい話】パタパタ道 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】パタパタ道 短編


深夜友人と車で家の近所を走ってたときの話です。


自分は助手席に座ってたんですが


S刑務所の前にある通りにさしかかった時



「パタパタパタ・・」って音がしたんです。


結構大きな音だったので、


タイヤにゴミでもくっついてるんじゃないかと友人に言いました。


で、車を止めて二人で調べてみましたが何も異常はありませんでした。


友人は「気のせいやろ」と言って車を発進させた途端、


「パタパタパタパタ・・・」とさっきより大きな音が


助手席側の外から聞こえました。


もう一度車を降りて入念に調べてみましたが


音を出すようなものはありません。


友人はボンネットを開けてエンジンも調べてましたが異常なし。


車の底部を懐中電灯で隅々まで調べてみましたが何もない。


「スタンドでみてもらお」と友人は車を発進させました。


すると今度は運転席側から「パタパタパタパタ・・」と音がしました。


友人はすぐに車を止めました。


「これおかしいよな?」


「うん・・・」


今度は二人とも外へ出て調べる気にはなりませんでした。。


5、6分ほど二人とも黙り込んでいたと思います。やがて友人は


「今度音が聞こえても無視してスタンドかコンビニ行こ!」


「そうやな。案外タイヤにガムテー・・・」


会話はいきなり中断させられました。


運転席側のすぐ外から


「パタ・・・パタ・・・パタ・・」とさっきより


小さくゆっくりした調子で音が聞こえてきたからです。


エンジンはかけてましたが、車は動いていません。


自分も友人も固まってしまいました。


耳をすませながら友人はエンジンを切りました。


対向車も無いその道はシーンと静まりかえりました。


まだ音はしていましたが今度は


「パタ・・ジャリ・・・パタ・・・ジャリ」と


地面を引き摺るような音まで聞こえました。


ちょうどサンダル履きで歩いてるような・・・


いきなり友人はエンジンをかけ急発進させました。


同時に「パタパタパタパタパタパタ・・・」


とひときわ大きな音がしました。


まるでサンダルを履いた人が追い駆けて来るかのように。


S刑務所から200メートルほど先にあるコンビニの駐車場に


着いたときにはその音は消えていました。


翌朝、友人は馴染みの修理工場で徹底的に調べてもらいましたが


何の異常もなかったそうです。


これはもう14年も前の出来事なんです。


当時自分も友人もこの話は誰にもしていませんでしたし、


自分もほとんど忘れてました。


が、先週S刑務所の近くに最近出来たスーパーへ寄ったとき


その店のレジの女の子が隣の子に


「今日遅番やねん!くらなってからパタパタ道通るの嫌やわー」


と言ってるのを聞いて思い出したんです。

関連記事

タグキーワード
2016.07.22|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます