FC2ブログ

【恐ろしい話】霊現象VS気合い 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】霊現象VS気合い 短編


本当に、ほんのりというか、うっすらです。。


私は都内の進学校出身なのですが、


とんでもなく怖い生活指導が担任でした。



仮に名を安藤先生とします。


質実剛健&豪快といったイメージの方です。


私たちが高3の時、急にオカルトがブームになり、


学年中に金縛りが流行った時、


安藤先生は学年集会で、


「霊現象なんてもんの大半は、気のせいだよ、気・の・せ・いっ!


これから金縛りになったら、


俺の顔を思い出せ。すぐに解けるからっ!」


生徒は全員大笑いし、他の先生方も大笑い。


もちろん、安藤先生も笑顔でした。


その後、私たちのクラスはほとんどが受験に成功し、


20歳になった記念に同窓会を開くことにしました。


もちろん、安藤先生も呼んで…


誰ともなく金縛りの話になり、「金縛りの時、安藤先生の顔を思い出したら、


本当に金縛りが解けた。やっぱり気のせいだったんだな」と。


そうしたら、それまで笑顔だった先生が、急に深刻な顔になりました。


あのな… 金縛りなんて、ほとんどが気のせいなんだよ。それは本当なんだ。


でもな… 中には気のせいじゃすまないのもいるんだ…


あの『気のせいだ』っていうのは、毎年、やっているんだが、時々な…


何年かおきに、俺の身に何か起きることがあるんだよ」


一同、シーンとしていると、元学級委員長だった子が質問しました。


「ど、どんなことがあるんですか?」


「カーステレオやテレビから変な音が聞こえたり、庭に火の玉が飛んだり…


そういや、地震でもないのに、家全体がグラグラグラーと揺れたこともあった。


部屋のいたるところで、ガラスにひびが入るような音がしたこともあったぞ。


天井裏でドスドス歩く音がしたり、何かをズルズルって引きずるような音とかな」


一同、「ええええーっっっっ!!!!!」と絶叫。


「…そういう時、どうしてるんですか?」


「ん? なんか嫌な雰囲気になったら、『ふざけんな、この野郎!』と、


心の中で叫ぶんだよ。負けねぇぞ、おらおらおらーってな。すると、治まる。


たまにしつこいのもあるけれど、そういう時は庭に出て、素振り千本だ。


ま、ほとんどがこれで終わるんだが、おまえたちの代にはしつこいのがいたな。


頭にきたんで、出て来い、この野郎。サシで話し合おうじゃないか、って


一晩中、木刀片手に起きていたら、それっきり何もなくなった。


人生、気合だよ、気合! ぐわはははははははーっ!」


思わず我々も釣られて笑いましたけどね…


もしかしたら、安藤先生こそ、


本当に霊能力があるのかもなーなんて思っています。

関連記事

タグキーワード
2016.07.23|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます