FC2ブログ

【恐ろしい話】別の手 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】別の手 短編


手の写った心霊写真


心霊写真によく「別な手が写っている」


と言うのがあるじゃないですか。



それを現実に経験した人がいるのです。


妻の友人のKさんは三十路を越えてそろそろ


結婚に焦りを感じ始めていた時の事でした。


素敵な男性と知り合い、


そしていつの間にかお互いに惹かれあい


自然の成り行きで初めて一夜を過ごした朝の事です。


寝ている男性を起さないように静かに


ベッドを抜け出たKさんはシャワーを浴びたのでした、


そしてシャワーを終え、体を拭こうとした瞬間!


突然、男性が誤ってバスルームの


ドアを開けてしまったのです!!


結ばれた仲とは言え、そこは女心!Kさんは右手で


胸を左手で下半身を咄嗟に隠したのでした。


条件反射の様に両腕が動いたのですが、


隠し終えた瞬間Kさんは大変な


ミスをしている事に気付いたのです!


そう!シャワーを終えたKさんはノーメイク!


素顔のままだったのです。


他の男には秘密の場所を見せたくはありませんが


大切な男には・・・素顔を見せれる年齢ではない・・・


結婚と言う城が崩れ落ちるの感じたその時!


背後から綺麗な手が出てきてKさんの


顔を両手で隠してくれたのでした。


Kさんは言います・・・


自分の両手は胸と下半身をしっかりと


隠していたので顔を隠してくれた手は自分の手ではない!


それに狭いシャワー室だから


後ろに人が立てるだけのスペースは無い。


しかし、間違い無くその白い綺麗な手が


両肩からすぅ~と伸びて来てKさんの素顔を隠してくれた。


後にKさんが霊媒師に相談すると


その手は、Kさんの先祖の霊でKさんを


守ってくれているのだと言ったのでした。

関連記事

タグキーワード
2016.08.01|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます