FC2ブログ

【恐ろしい話】白い瞳の女 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】白い瞳の女 短編


俺が小学校5年か6年の頃だったと思う。


国道端に、ツブれた小さいタコ焼き屋があった。


店中には、手打ちのパチンコ台や大量のエロ本が捨ててあって、



それ目当てに、窓をこじ開けて、中に侵入するガキが、けっこういた。


ある日、そんなガキの一人でカネミツっていう奴が、


「あそこにスゲエ怖い写真がある」っていう話をしだした。


「自分は写真を見てないけど、


見た奴がマジでビビって学校を休んでる。」


そんなことを、なぜかエラそうに語っていた。


それで、その日の放課後


俺とカネミツと、あと何人かで、


そのタコ焼き屋に行くことにした。


サッシの窓から入ると、床中にエロ本や


マンガ雑誌なんかが散らばっていた。


俺はエロ本に激しく惹かれたけど、


友達の手前そんな素振りは全く見せずに、


「カネミツ~写真ドコや~」と写真を探し始めた。


カネミツは、「この中や言うてたわ・・・」と冷蔵庫を開けた。


中には何十枚という写真が入っていた。


どんな写真かは忘れたけど、なぜか、


ビンビンのチンポを撮った写真もあった。


問題の怖い写真は、すぐに見つかった。


風景を写してる写真の左下に、めっちゃピンぼけで、


白い女の顔が写っている。


それが・・なんて言うか、妙にぺたんとしてて、


写真を切り抜いたみたいな感じ?


とにかく3Dっぽくない印象だった。


不気味だったのは、その女の黒目のところが、


縁取りだけ黒くて中が白い。


細身の筆で描いた○みたいな瞳だった。


でも、小学生の俺らには、チンポの写真の方がインパクト圧勝で、


「うわーやばいでコレぇ」とか言いながら、


その写真を誰かのポケットにそーっと入れる、


みたいなイタズラをしていた。


その後、お待ちかねのエロ本タイムもあったりして、


5時頃には家に帰った。 部屋でジャージに着替えてる最中、


上着のポケットに写真が入っているのに気付いた。


「やられた~」と思って見てみると、あの女の写真だった。


あらためて、手にとってよーく見ると、妙な感じがした。


女の背景に写っている風景に、見覚えのあるような気がする・・・。


食後、居間でテレビを見てる最中に、フッと気付いた。


(あれ、家の2階の廊下にある窓から見た景色やないか?)


すぐに階段を上がって、その窓際へ立った。


怖いとかそんな気持ちはなく、好奇心が勝っていたんだと思う。


窓から外を見ると、確かに写真の風景とそっくりだった。


建物の種類や位置、電車の鉄橋、遠くの山の形。


べちゃ


一瞬ピントが合わず、何が見えているのかわからなかった。


視線を左下に移す。


白い瞳の女が、ガラスにぺったりと貼り付いていた。

関連記事

タグキーワード
2016.08.08|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます