FC2ブログ

【恐ろしい話】自殺処理 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】自殺処理 短編


有名な観光地A市の消防署を


定年退職した叔父に聞いた話です。


叔父は、市内の有名自殺スポットNが浦で



自殺があるたびにかり出され、


死体回収を何年もやっていたそうです。


最初は嫌だったのですが、


何年もやっているうちに死体にも慣れ、


全然、平気になったそうです。


まったく動じない叔父はNが浦で自殺があると、


必ず、かりだされるようになってしまったということです。


そんな叔父が一つだけ、


思い出したくないことがある、と言って、話してくれました。


ある晩のこと、たまたま家中に誰もいなくて、


一人で寝ていると、玄関を叩く音がしました。


行ってみても誰もいません。すると少し経って、


今度は窓を叩く音がします。


が、窓を開けてみても誰もいません。


誰がいたずらしてるんだと怒りながら寝床につくと、


今度は、布団をひいて寝ている部屋のフスマを叩く音が....。


勢いよくフスマをガラッと開けても誰もいません。


さすがに気味が悪くなり、布団をかぶって寝ていましたが、


今度は布団のまわりの畳を叩く音がしたそうです。


だんだん叩く音が強くなり、


しまいには、枕もとをドンドンと叩かれる。


叔父は怖くなり、布団をかぶったまま身動きできなかったそうです。


そのうち、だんだんと叩く音が弱まり、


どのくらい時間がたったのか、すうっと叩く音はやんだ。


すると、いきなり電話が鳴ったので、


布団をおそるおそる出てみると、もう朝でした。


そして、電話に出ると同僚から、


またNが浦で自殺があったから来てくれと頼まれました。


その自殺者は、まだ若い女性でしたが、崖の上から飛び降りたものの、


海まで落ちることができず、


崖の途中の松の木に引っかかっていました。


片目に松の枝がささり、崖の岩で打ったのでしょう


前身打撲で亡くなっていたそうです。


しかし、即死することができず、


何時間も松の木にぶら下がって、こと切れたようで....。

関連記事

タグキーワード
2016.08.14|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます