FC2ブログ

【恐ろしい話】必殺!瞬獄殺 あと2日の命 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】必殺!瞬獄殺 あと2日の命 短編


俺の友達に、余命1ヶ月と申告された奴がいる。


そして、今日であと2日という事で、最後の思い出作りに遊んだ。


もちろん、外は危険なので友達の部屋で、普通にゲームして。



最初は2人プレイで○よ○よっていう某有名パズルゲームを


やってたんだが、しばらくして飽きた。


すると友達が「何か格ゲー無いの?」と聞いてきたので、


弟の部屋からxトリートxァイターの最新作?を持ってきて、2人でやった。


友達は慣れてるらしいか、凄い速さでコンボを重ねてくる。


俺はどっちかというとRPG派だから、


格ゲーはあまりやった事が無く、7回ぐらい戦って全敗だった。


俺は友達に「強すぎるよーハンデちょうだいよー」と頼むと、


「いいよ、じゃ技使わないから」と言い、しかも設定HPを半分にしたのだ。


これじゃいくらなんでも勝てる。


そして始まった。友達は言った通り技は使ってない。


しかし、パンチやキックだけで凄いコンボを繰り出し、スキが無い。


俺は、ここまでハンデ貰って負けるのはさすがに恥ずかしいと思い、


PAUSEをして、説明書の技のコマンドの所を見た。


すると、あるキャラに、強そうな必殺技を持ってる奴がいた。


その技の名前は「瞬獄殺」と、怖そうな名前だ。


俺はそのコマンドを覚えて、PAUSEを押してまた戦い始めると、


俺はそのコマンドばかりをやってその技を出そうとした。


友達は、俺が何をしようか分かってるらしく、


攻撃をやめて、何とその場に立ち止まった。


自分は、構わずにその技を出そうとした。


すると、出た。俺のキャラの影が動いて、一瞬画面が白くなった。


そして画面が戻ると俺は勝っていた。そうか、まさに「瞬獄殺」。


俺は、友達の方を見た。すると、友達は何か苦しがっている。


「ぐぅぅ・・・痛い、体中痛い・・・あと2日あるのに・・・」


友達はそう喘ぐと、泡を吹いてその場で倒れた。


俺は、焦ってすぐ救急車を呼んだが、来た時にはもう遅かった。


友達は死んでいた。しかも、友達の目は俺の方を向いていた。


ただの偶然だろうか?俺が友達に瞬獄殺を決めた瞬間に、


苦しがって倒れた・・・これは俺のせいなのか?


格ゲーしようって言ったのはあくまで友達だし、


ハンデを与えすぎたのも友達。


普通、瞬獄殺をくらっても一発では死なない。


それに、友達は、わざと俺の瞬獄殺を受けた。


これは、俺のせいじゃない。友達のせいか、ただの偶然だ。


と、今でも自分に言い聞かせてます。

関連記事

タグキーワード
2016.08.21|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます