【恐ろしい話】デカい顔の女 短編 - 恐ろしい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

【恐ろしい話】デカい顔の女 短編


昔、走り屋の真似事をやっていた時のこと。(イニシャルDみたいなやつね)


秩父のあたりだったけど、先輩のYさんと深夜一緒に走っていました。


ところが突然Yさんは車ごとガードレールを突き破り



下の川に落っこちてしまった。


別に難しいカーブでもないのに、


驚いて見に行くと車がケツを上に向けて川に(浅い)突き刺さっている。


「ヤバい。死んだかも」と思って大声でYさんを呼ぶと、


車はゆっくり引っくり返り、と同時にYさんが転げ出てきた。


「Yさん大丈夫!?」と叫ぶとYさんは起き上がって手を振った。


Yさんは道路に上がってきたし、


とりあえず無事でよかったと思いつつ警察呼んで、


レッカーが来たりして朝方私の車で帰ったのです。


3ヶ月くらいしてYさんの車も別の車になり、


それでも私たちは懲りずに同じような夜を繰り返してました。


そんな時ファミレスでYさんと、


あの時は凄かったよねえ、なんて話してたらYさんが急に


「オマエ時々”見る”って言ってたよな」と言いはじめた。


”見る”ってのはオバケのことで私は17歳から27歳くらいまでの間、


なぜかそーいうモノが見えたときがあったからだ。


Yさんもいつもはそんな私の話を聞きながら「ホントかよ(笑)」


なんて聞いていたものだった。


事情を聞くとあの時Yさんは”けしてオレがヘタだったわけじゃなく”


という前置きをしつつ、見えない何かに引っ張られて、


あーいうことになったんだと思う、って言う。


じゃあ見に行こうよ、ってことになって、


でも何かあったら怖いから一緒に車に乗って行こうということになった。


私の車の助手席にYさんは乗り、


Yさんの車はファミレスに置いてあの時の峠に向かった。


ガードレールはすっかり直っていて、


まったくそこで事故が起こったことを感じさせないくらい様子は


違っていたけれど間違いなくそこだった。


ちょっと先の路側帯の広いトコに車を止め、


30mくらい後ろのYさんが落っこちた、


ガードレールまで歩いていった。


ガードレールからふたりで顔を出して下を見ると、


川のほとりで女がひとりうずくまってる!!


びっくりしてYさんを見ると


「結構高けえな。よく無事だったな」なんて言ってる。


この人見えてないんだと思ったら凄く怖くなって


「Yさん、もう帰ろう」と促して、(ドキドキしながら)そこを後にした。


車まで戻り乗り込むときにちらっとガードレールのところを見たら、


なんとガードレールと道路の隙間から直径1m?くらいの


デカい顔の女が道路の縁に手をかけてこっちをじーっと見ている!!


急いで車に乗り、バックミラーを見ないようにその場から逃げ出しました。


Yさんにそのことを話せたのは、


バイパス沿いのファミレスが近づいてきてからでした。

関連記事

タグキーワード
2016.08.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

No title

これ使ってませんか?

FC2ブログ自動巡回ツール <FC次郎くん>

http://seaseven.net/software/top01.htm

2016-08-29 20:21 from -

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。