【恐ろしい話】恐怖!!無限ループ 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】恐怖!!無限ループ 短編


神戸に住んでるんだけどね、


深夜に友人を加古川の家まで送っていったことがある。


幹線(国道2号線)から脇道に入ってからは友人の道案内のまま



車を走らせていたんだけど、途中でゲームセンターがあった。


(閉店しているんだけど丸い看板に"ゲームセンター"て書いてた)


友人を家に送り届けて帰る時、またそのゲームセンターの前を通ったんだが、


さっき見た時と違うのよ。


看板は同じ形の丸い看板なんだけど、文字が天地逆さまになってる。


「アレ?なんじゃコリャ???」と思いながらも通り過ぎて


国道2号線に出ようと車を走らせていると、


来た時には無かったT字路に突き当たった、しかもT字路の真ん前が墓地


「気持ち悪いなぁ・・」と思いT字路を右折して


国道に出る道を探しつつ走っていると、なんかまた見覚えのある建物


さっき見たゲームセンターだった、しかも看板の文字は逆さまのまま


「えぇ??」と思いながら通り過ぎるとまたさっきのT字路に突き当たった、


そして真ん前は墓地・・


今度は左折して国道を探す。そしたらまたさっきのゲームセンター


そして文字は逆さま・・


左右どっちの道をどう行ってもゲームセンターと


墓地の前に帰ってきてしまう。


そんなことを9~10回程繰り返して(もうこの時点でパニック状態)


やっと国道に出ることが出来たんだがここからがまた気持ち悪かった


国道2号線は幹線道路、どんな夜中でも必ず深夜便のトラックやタクシーと


必ずすれ違うはずなのに30分以上走っても対向車、後続車が一台もいない。


しかも霧がかかっていて開いてる店がひとつもない。


コンビニ(らしき建物)すら開いてない・・・動いてる人間も一人もいない


西明石近辺まで来て、霧が晴れて前方にポッと対向車のヘッドライトが


見えたと思ったらバックミラーにも後続車のヘッドライトの灯・・


深夜営業の店(ファミレス)の店内には客や店員の動く姿が見えた。


やっと現世に帰ってこれた・・と心底ホッとした瞬間だった。


今でもアレが何だったのかさっぱりわからないんだが、


俗に言う狐や狸に化かされた・・てのは、あんな状態の事を言うんだと思う。

関連記事

タグキーワード
2016.09.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます