【恐ろしい話】世にも恐ろしい笑い声 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】世にも恐ろしい笑い声 短編

小学一年生の頃の話。


俺に妹が出来るって事だったが、


予定日が近いというのに母親は気管支炎を患ってしまい緊急入院した。


父は忙しい為俺達を見る余裕はなかったが、


俺と1つ違いの弟は幼稚園と学校があったので親類に預ける訳にはいかず、


毎日ばあちゃんがおやつと俺達の晩御飯を用意して


諸々の注意をして(ドアは開けるな、


電話は~)帰るという生活が10日程続いた。


もちろん不安もあったが、父親は仕事を切り上げて9時には


帰って来てくれたので(いつもは11時頃)実質二人きりになるのは


2時間程だったので平気だった。


ただ、二人で遊びまくってやろうと思ったが、


ちゃんと母親から「予定表」なるものを渡されていて、


俺と弟は8時には布団に入らされていた。


真面目にいつも8時には布団に入っていた。


何日かしてから弟が「窓から知らないお兄ちゃんがのぞいてる。」


と言い出した。いつも布団に入った頃にのぞきにくるのだという。


ビビって泣きそうになったけど兄としては示がつかないので、


「恐かったら兄ちゃんの布団に入れ」


と弟を招き入れて電気を付けて寝た。


次の日からずっと電気を付けて寝た。


弟ももうお兄ちゃんは来ないと言う。


その間に妹が産まれ、ついに母親が帰ってくる前日。


何故か兄という使命感に駆られて


最後の日くらいは電気を付けずに寝てやると思い、


ドキドキしながら豆電球のみで寝た。


だがやっぱり何も起こらなかった。


内心ホッとして本格的な眠りに入りそうになっていた瞬間、


急に窓に誰かいるような気がした。


目をつむっているのに、部屋の映像が浮かんだ。


弟の言った通り眼鏡をかけた人が窓に張り付いていた。


ただ俺が予想してたよりもずっと幼く、


小学校4年生くらいの男の子だった。


こちらをニヤニヤと見ていてとても恐かったが、


そのうち消えると思って必死に目をつむっていた。


ところがしばらくしてその男の子は俺が気付いてるのを察したようで、


いきなり窓をバンバンと叩き始めた。


それでも恐くて動けずに布団の中でガクガクしていたら、


もう一人のお化け?の声がして


「駄目だよ、パパに叱られるよぉ。帰ろう。」


と女の子らしき声の主が言った。


心の中で(女の子GJ!)と思って俺は早く帰ってくれって祈った。


そしたら窓を叩く代わりに男の子は笑いだした。


世にも恐ろしい笑い声だった。


そしてニヤッと笑って


「違うよぉ。しってるよ、


この子達いっつも二人きりだよぉ。パパいないんだよぉ。」


と言ってまた窓をバンバンと叩き始めた。


俺はもうパニックになりながら


「お父さんが帰ってきた!」


と叫んだら、一瞬で頭の中の映像が消えて静かになった。


急いで部屋の電気を付けて弟にしがみついて必死にお父さんが


早く帰ってくるように祈っていた。


もう兄の威厳なんてものにこだわるのは


よそうと心に刻んだ出来事でした。

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.11.02|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます