【恐ろしい話】恐怖の霊感少女 短編 - 恐ろしい話

【恐ろしい話】恐怖の霊感少女 短編


大学時代の友人の部屋は、夜11時ぐらいになると誰もいないはずの押入れ


風呂場やトイレから気配と水音がしたり、 言い争う声らしきものが


聞こえたりと結構頻繁に怪奇現象の起こる部屋だった。


そいつは「男女あわせて二人の幽霊が一緒に住んでるぞ。


まぁそのぶん家賃安いから三人でシェアしてるみたいなもんだなw」


なんて言い放つほど豪胆な奴だったが、


そんな男もだんだん酷くなる状況に嫌気がさしてきたらしく


なんとかしようということに。


コンパで知り合った自称霊感少女にその部屋の様子を


見てもらおうとお願いして、件の部屋に泊り込みで酒盛りをした時のこと。


ほどなくしてトイレの水を流す音がした後、


以前に泊まった時よりも激しいラップ音とボソボソと



喧嘩をするような声が始まった。 あまりの激しさに皆引きまくって


どうしようかと相談してたら、それまで押し黙っていた霊感少女が


いきなりケタケタと笑い出した。 みんながこれはヤバイと感じて


笑い続けるその子を放置して、一目散で玄関から我先にと外に飛び出した。


アパートの目の前の駐車場で「やべぇよ」とか言い合ってたんだけど


10分ほどたってその子から携帯にtelが


「もう大丈夫だから部屋に戻っておいでw」ビクビクしながら


戻ってみると女の子は普通にテレビ見ながらビールを飲んでた。


ホッとしつつも何が起こったのかその子に聞いたら


「確かに男と女の二人の霊がこの部屋にはいた、どうやら付き合っているらしい」


「でもあんまり仲が良くなくて最近は喧嘩ばっかりしている」とのこと。


さっき笑ったのは女の霊が男の霊に「トイレでうんちした後


なんで流さないの!?」と本気で怒ってることが可笑しかったらしい。


結局その子が喧嘩の仲裁?に入った後、女の霊にあんな男とは別れて


どっかいけと言ったら女が消えて、それを追うように男も消えたとか


以後その部屋で怪奇現象がおこることはなくなったけど


「女を見捨てて逃げ出した最低な男たち」として


しばらくその霊感少女には虐められました。

関連記事

タグキーワード
2017.03.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます