FC2ブログ

【恐ろしい話】働けえ 短編 - 恐ろしい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

【恐ろしい話】働けえ 短編


俺が子供の頃の話だが、近所に「働けおじさん」というのが出た。


町なかの工事現場で鳶や土工たちが仕事の合間に一服していると、


どこからともなく現れて、ムチのようなビニール紐


(ビニール製のナワトビみたいなものだった)で地べたをビシバシたたき、


「働けえ――! 働けえ――!」


と、わめくのである。


昔どこかの鉱石を掘る飯場で、こき使われたトラウマでおかしくなったのだとか

言われていた。


ある時期から、おじさんは姿を見せなくなり、


実はビニール紐で首を絞めて殺されたのだとか噂されたが、


その後、おじさんの幽霊というのが現れるようになった。


夜中の誰もいない工事現場などで、


ビシ・・・ビシ・・・とムチで地面をたたく音がして、


どこからともなく「働けえ~~! 働けえ~~!」


という声が聞こえてくるというのである。


その声を聞いた者は、みな労働意欲を失ったという。

関連記事

タグキーワード
2017.10.03|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。