FC2ブログ

【恐ろしい話】オデコの血 短編 - 恐ろしい話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

【恐ろしい話】オデコの血 短編


子供の頃、仲良かった友達と二人でブロックヘの塀に登っては飛び降りてた。


小学1年の時だったと思う。


ガキだったから上って飛び降りるのが面白くて何回も繰り返してた。


で、何回目かわかんないけど、俺がまた上って飛び降りようとしたとき


友達が後ろから上ってきて、俺のケツに下から頭突きかましやがった。


俺は突き落とされる格好になって、脳天から地面に落下。


高さは2mないくらいで、下はアスファルト。


ガキの力じゃ、手で体重支えることも出来なかったんだろうな。


俺はオデコから地面に落ちて、着ていたポロシャツが数秒で真っ赤に染まった。


俺はもちろん号泣してたからあんまり覚えてないんだけど、自力で歩いてた。


血が死ぬほど出てるってことは分かってたから、


「とにかくお母さんのところに行かなきゃ」って思って泣きながら家に向かった。


ガキだから仕方ないと思うけど、友達は泣きながら逃げちゃった。


あまりに血が出てたから、ビビっちゃったんだろうな。


とにかく俺は、顔面とシャツを真っ赤に染めて、泣きながら家に向かった。


今考えたら、2m弱の高さから、コンクリの上に頭から落ちたらやばいよな?


そのとき、血はハンパじゃなかったけど、俺は泣く元気があって自力で歩いてた。


でも、とにかく血の多さが恐ろしかったんだ。


俺が流血しながら家に向かう途中、おばあちゃんが居た。


おばあちゃんは俺を見て、「大丈夫だよ」と言って通り過ぎていった。


そのときは俺はパニックだったから何も感じなかった。


でも、変だろ?


ガキが大量出血してるのを見て、大丈夫だよ・・・だけでスルーだ。


ま、そんときは俺も華麗にスルーして、とにかく家に辿り着いた。


オカンは俺を見て、もちろん驚いてる。


そのときの俺のシャツは、真っ赤に染まるだけじゃなく、


生地が吸いきれない血をポタポタしたたらせるくらい、俺は流血してた。


歩いてきた道にも点々と血がついてた。


ここからが不思議なんだ。


俺はオカンのところに辿り着いて、安心したこともあって、少し冷静になった。


そうすると、頭が全然痛くないことに気付いた。


オカンは「どこ打ったの??」と聞く。


オデコだと俺は答える。


オカンは血を拭きながら俺のオデコを調べる。


オカンがいくら調べても、傷は無い。


俺も、全然痛くない。


でも、シャツは真っ赤。道にも血が点々。


その後、オカンに連れられて医者に行ったんだけど、傷が無いんだよ。


ちなみに今も傷はない。


怖くないけど、不思議な話でした。

関連記事

タグキーワード
2017.10.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 恐ろしい話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。